デリケートゾーンに保湿が必要な理由は

欧米では、母子間で陰部のお手入れの方法が伝達されるのが一般的だそうです。しかし日本人の女性の中に、そんな経験がある方はほとんどいないと思います。

 

実際、国内の性教育は欧米各国のそれよりも大幅に消極的なのです。

 

陰部のお手入れを考察

仮に性教育が盛んだったとしても、日本の国民性を考えれば、陰部のお手入れの方法を母親に教えてもらえる可能性は低いかもしれません。

 

だからと言って、日本の女性が「デリケートゾーンなんてどうでもいい」と思っているわけではありません。

 

今では、日本の女性の中にも「美しくなりたい」という願望が強い方が増えてきました。実際、クリニックやサロンなどの利用者数も増えているようです。

 

 

ちなみに欧米では、陰部(陰毛などを含む)のお手入れを総称して「ピュービックケア」とネーミングされています。

 

通称「ピュビケア」です。また、イタリアで最も目立つようですが、欧米各国の大半の薬局には、ピュビケア専門の売り場が用意されているそうです。やはり日本よりも進んでいますよね。

 

 

ピュビケアの詳細

ピュビケアでは「陰部を洗う方法、保湿する手順」や「陰部の黒ずみ&くすみの解消手段」や「陰毛の整え方」などが総合的に行われます。つまり欧米では「ピュビケア」と「毛髪のお手入れ」が同じぐらいに重視されていると言えそうです。

 

 

陰部の保湿が絶対に必要です!

ピュビケアで絶対に必要なのが、陰部の保湿です。「分泌液出てるし、そのままでも大丈夫じゃない?」と思うかもしれませんが、その認識は間違っていると言わざるを得ません。

 

角質層が薄い=保湿が欠かせない

陰部の角質層は、5層前後しかありません。一例として顔面の角質層は2ケタの10層前後ありますから、陰部の角質層はかなり薄いと言わざるを得ません。

 

そして「角質層が薄い=真皮と表皮が近い=皮膚が過敏」という図式が成り立ちます。つまり、デリケートゾーンはそのままでも大変過敏なのです。陰部は精神的にも繊細な部位ですが、身体的に見てもやはり繊細な部位なのです。

 

40歳オーバーの女性は特に保湿が大事

女性の陰部は、存外乾燥状態に陥りやすいものです。例えば、パンツ等がいつでも分泌液を吸ってしまっていますし、トイレに行けば拭き紙がやはり分泌液を吸収してしまいます。

 

陰部は潤いが十分なように見えて、意外と乾燥しやすいのです。

 

 

そして40歳を過ぎた辺りから、顔面の皮膚同様、デリケートゾーンはさらに乾きやすくなるようです。ですから、加齢と共に保湿への力の入れ具合もアップさせていきましょう。

 

一例として、トイレの拭き紙を用いる時には、軽く押しあてるようにして残尿などを「吸収」するイメージを持ちましょう。力を込めて拭き取るような事はNGです。

 

今日では、陰部の保湿グッズが出回っていますから、40歳以上の女性はぜひ使用を検討してみて下さい。若年層の時から使うのは、もちろん効果的だと思います。

 

⇒【みんな気になる人気の記事】一覧へ戻る

 

関連ページ

陰部の臭いを改善する食べ物は?
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
デリケートゾーンの保湿の仕方は?
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
生理中のデリケートゾーンのニオイを抑えよう
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
あそこの黒ずみの原因は?
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。