生理中のデリケートゾーンのニオイを抑えよう

生理中は陰部の悪臭がキツくなりがちです。その原因を把握すれば、ケアは十全に行えます。

 

なぜ生理中は陰部の悪臭がきつくなるのか?

生理中は、ホルモンバランスがおかしくなって体調不全になりがちです。そして特に多感な年頃の女性にとっては、生理による陰部の悪臭の悪化は、かなり辛いものになるかもしれません。

 

では、そもそも生理中に陰部の悪臭がキツくなる原因は何なのでしょうか?

 

経血が臭っているのでしょうか…?

生理とはつまり、陰部から経血が出る現象です。文字通り生理的な現象ですから、防ぐことは当然できません。

 

となると、視覚的にも分かりやすい生理中特有の「経血」が悪臭の原因だと考えるのが自然ですが、実際は経血そのものからは僅かに鉄分の臭いが漂ってくるだけで、それ以上の臭いはないのです。

 

 

「じゃあ、経血は無関係なの……?」と感じるかもしれませんが、そんな事はありません。実は「経血をエサとして悪臭の原因菌(雑菌)が繁殖する」せいで、あの嫌な悪臭が漂ってきてしまうのです。

 

ちなみに、これは汗に関しても完全に同じ事が言えます。つまり「汗そのものには臭いはほぼ皆無」ですが、「汗をエサとする雑菌が繁殖して」俗に言う「汗臭さ」を発しているという事ですね。

 

 

生理中の陰部の悪臭ケア

とにかく清潔に

まずは、陰部は常に清潔にしておきましょう。これは生理中でなくても大切な事です。そして経血が出てきたときは、可能な限り頻繁にナプキンをチェンジするようにしましょう。

 

それでも悪臭に困らされてしまうという時には、膣を洗うためのグッズを用いるのも1つの手です。この種のグッズの大半は、ビデ洗浄もできるので「洗浄した感じ」が増し、達成感がありますから、メンタル面でもリフレッシュされます。

 

 

パンツ等の材料にも注意

平常時でも陰部はかなりジメジメしやすい箇所です。生理中はそこにドロドロした経血が登場し、さらにナプキンも身に付けるわけですから、陰部の蒸れは極端に酷くなります。

 

陰部周辺の感覚が気持ち悪くなるのはもちろんですが、感情的にも暗くなるはずです。

 

 

ですから、まずはパンツ等を改めてみるという方法が有効です。つまり、風通しを最優先してパンツを選択するのです。

 

「生理中なのに、そんなパンツを履くのは不安…」と感じるかもしれませんが、ナプキンを適切に身に付けることさえできれば、経血が漏れてトラブルが起きるような事はありません。

 

パンツの風通しが向上すれば、心身共に楽になりますよ。また風通しが良くなれば、雑菌が殖えにくくなり、生理期間中特有の悪臭を軽減できます。

 

「パンツ」という視点はお持ちでなかった方も多いのではないでしょうか?生理中の陰部の悪臭ケアにおいて有効ですから、ぜひ検討してみてください。

 

⇒【みんな気になる人気の記事】一覧へ戻る

 

 

関連ページ

陰部の臭いを改善する食べ物は?
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
デリケートゾーンに保湿が必要な理由は
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
デリケートゾーンの保湿の仕方は?
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
あそこの黒ずみの原因は?
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。