石鹸やビデを使った洗浄には注意が必要

「どうして陰部の悪臭がこんなに酷いんだろう…。石鹸を用いて頑張って洗浄しているのに」 と嘆いている女性はたくさんいると思います。しかし「石鹸を用いて頑張って洗浄している」事こそが、悪臭の原因となっている可能性が高いんです。

 

「石鹸」と「洗浄の方法」は陰部の悪臭の原因になる!

陰部から悪臭がする場合、ハイパワーな石鹸でゴシゴシ力一杯洗いがちです。

 

実際、陰部には多種多様な雑菌が暮らしており、悪臭の原因の大部分がその雑菌にありますから「雑菌を消し去れば匂いも消える」という考えは正解です。ただし、そこには落とし穴があります。

 

 

デーデルライン桿菌を守りましょう

膣内では「悪臭の原因菌」と「悪臭の原因菌をブロックする菌(善玉菌)」が共生しています。後者の事を「デーデルライン桿菌」と言い、陰部を洗浄する際は、この菌を保護しつつ行わなければならないのです。

 

「デーデルライン桿菌」は膣内環境を正常に保つ役割があるだけでなく、雑菌の繁殖を抑え、ニオイの要因菌の侵入をブロックする役割があります。つまり膣内の自浄機能となります。

 

これを知らずに、膣内をゴシゴシと強力な石鹸で洗うと、「デーデルライン桿菌」まで洗い流してしまいます。その結果、悪臭の原因菌が優位に立って、臭いが酷くなってしまいかねません。

 

 

ビデは気を付けて用いましょう

陰部の形はかなり入り組んでいるので、膣壁等にいる悪臭の原因菌を指だけで消し去るのはなかなか困難です。

 

そんな時に有意義なのが「ビデの使用」です。現に、膣を洗うためのグッズの大半は、ビデで洗浄する事を想定して作られています。

 

ですが「ビデ洗浄」を実践する時も、力を込め過ぎると膣壁が傷ついてしまう可能性が高いです。膣壁は想像以上に繊細なものなのです。膣壁が傷付くと、そこから出る血液等の体液を拠点にして雑菌が殖えてしまいます。

 

 

石鹸やビデを用いるならとにかく「弱めに」

陰部用の石鹸や、膣を洗うためのグッズは確かに役立ちますが、気を付けなければいけないポイントは、ハイパワーすぎる石鹸は回避するということです。そこそこのパワーで弱酸性の石鹸を採用し、デーデルライン桿菌を保護する事が重要です。

 

また、ビデ洗浄に関しても可能な限り弱めの力で実行する必要があります。仮に膣壁に傷が出来ても、小さければ気付けない事が多いです。しかし、雑菌はどんな小さな傷でもまず見逃しません。

 

 

ですから、大きい傷は当然として、どんな小さい傷も作らないという気持ちが必要です。なのでビデ洗浄をする時も、指で洗浄する時と同様に弱めに実行しましょう。

 

また皮膚の強さに自信が無いのであれば、石鹸やビデを用いないというのも1つの手です。あそこの雑菌や悪臭は、ぬるま湯のみでも十全に消し去る事が叶います。

 

 

泡の力で、優しく洗い流すイメージで

以上のように、デリケートゾーンは名前のとおり、洗浄時も優しく扱う必要があります。泡の力で吸い付かせるように汚れを落とすイメージです。

 

もしデリケートゾーン専用のソープがないのであれば、普通の石鹸で泡立てて優しく洗って上げてください。

 

石鹸を効率的な泡立て方法をご紹介しておきますね。

 

 

⇒【みんな気になる人気の記事】一覧へ戻る

関連ページ

デリケートゾーンはなせかゆくなる?原因と対策
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
かゆみからくるアソコのニオイとその対策
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
痛みとニオイを伴うデリケートゾーンのトラブル
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
セルフチェックによるすそわきが診断
人には言えない陰部の嫌な臭い。簡単には消せない陰部の臭いを、徹底的に消臭するための対策をお伝えします。また、おすすめの人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。