陰部 臭い 対策

ピーチジョンの体験レビュー

「ピーチジョン」は、陰部専用の石鹸で、ここ数年人気が急に上がってきました。ピーチジョンと言えばかわいらしいインポート下着やナイトウェアなどで有名ですよね。

 

しかし、様々な体のお手入れ用製品も出ていて、どれも効果が高く、人気を博しています。その中で、私が試してみたのがピーチジョンのデリケートゾーンウォッシュ。
今回はその感想をお伝えしますね。 (※写真のパッケージは旧モデルです)

 

通販は公式のサイトから。家に届くまでの日にちは3日間でした。わくわくする気持ちは、ずっと欲しかったピーチジョンをやっと利用できる思いから。

 

見た目はスタイリッシュながら、主張を抑えた控えめな感じ。ボトルはプラスチックで、ガラス製ではないので軽めです。

 

力の入れすぎには気をつけないといけませんが、この上部を押すタイプの容器は、量が調節しやすいところが気に入りました。

 

この製品は、ナチュラルな成分でできているのが特性ですが、それは容器後ろ側の成分表を確認することでも理解できます。

 

体に優しい成分で洗うということが、消費者に安心感を与えますね。

 

一度の使用量として勧められているのは、500円玉大くらいの量で、2、3回上部を押すと、この量が出てきます。では、手の平に出してみます。

 

出した時に感じたのが、中身がサラサラとした感触の液体なので、簡単に手の平から下へ落ちていってしまうため、注意が必要だということです。

 

オイルだということを特徴づけている製品ですが、べたつきは感じません。

 

そして使用法ですが、まず軽くデリケートゾーンを洗浄。そのあと、ピーチジョンをその部分にやさしく塗布。流すのは約3分経ってからなので、その間に体の他の部位を洗ってしまえば、スムーズに事が運びますね。

 

 

また、特筆すべきは、ラグジュアリーな気持ちになれるバラの匂い。うっとりする香りで、私はとても好きになりました。洗い流したあとも、ふわっと鼻腔をくすぐるこの匂いはダマスクローズオイルからきているものでしょうね。

 

陰部へのニオイ効果

使用1開始週間

不快なニオイは、数時間後には感じることができてしまいましたが、ニオイの減少は、使用直後から実感できました。1週間経った頃、明らかに改善されたのは、指がデリケートゾーンに触れた際の不快なニオイです。ほんの1週間でこの変化は嬉しいです。

 

使用2開始週間

自身でも不快になるアンダーウェアのニオイを感じなくなったのが使用2週間後。トイレにいく度に憂鬱になっていたのがなくなり、さらに時々出るかゆみまで軽減されました。

 

肌に優しいピーチジョンで洗うことで、潤いが保たれている証拠だと思います。

 

使用開始1ヶ月

ニオイがなくなったことを、驚くほど実感。デリケートゾーンに触れた際の指が、におわなくなったことにもビックリです。

 

さらに嬉しいことに、改善されたと感じたのが黒ずみです。ニオイと同様ずっと悩んでいたので、前の色との変化を発見した時は、気持ちが明るくなりました。

 

■まとめ

効き目を体感し、同じ分野の製品の中でも評価が高いと言われている理由が分かりました。

 

勉強になったのは、ピーチジョンのような専用のもので、そっと優しく洗うことが丁寧に洗うということであって、力強く洗うことは、不快なニオイの軽減に繋がらないということです。

 

 

あと、喜ばしいことに、ずっと気になってゴシゴシしていた黒ずみが、予想外にもきれいな色になりました。黒ずみもかなり改善されたなと感じたのは、一ヶ月くらい経った頃。

 

肌が潤って、乾燥がなくなったので、桃色のデリケートゾーンというのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、ツルスベ肌という感じになりました。

 

 

前と違って、デリケートゾーンを力を入れて洗わなくなったことで、肌質も改善されたと感じますし、使用を継続したら、もっときれいなピンク色に近づけることも可能だと思います。

 

市販のボディーソープで肌がピリピリすることも今までは時々ありましたが、ピーチジョンにはそれが全然なく、やっぱり肌にやさしい成分の使用を謳っているだけあるなと感心しました。

 

 

コストパフォーマンスはとても高いと思います。1ボトルで大体2ヶ月はもつし、これだけの満足感を感じることができたからです。

 

また、消費者のことを考えていると感じられるのが、定期コースを途中で止めるのが可能なところです。

 

こういう点は信頼に繋がりますし、満足度と併せて、人気があるものは違うなと実感した部分でした。