陰部 臭い 対策

イビサソープ

イビサソープ

デリケートゾーンの汗や血の臭いをきちんとケアしてくれる商品が、薬用イビサソープです。

 

除菌割合99.999%

イビサソープの主役となる成分は「イソプロピルメチルフェノール」です。この成分などの効果によって、このソープの除菌割合は99.999%となっているのです。

 

デリケートゾーンの臭いですが、実は「汗や血自体」と言うよりも、「汗や血によって殖える雑菌」にこそ誘因があると言われています。

 

そして、イビサソープは「制汗」ではなく「滅菌」をするソープですから、デリケートゾーンやその周囲の臭いを大元からケアする事が叶います。

 

肌の安定・肌への安全性

グリチルリチン酸ジカリウムも配合されており、この成分が、皮膚の荒れなどをはじめとする、色々な問題をケアしてくれます。また、色々なジャムウやビタミン成分も配合されており、それらも肌を安定させてくれると言われています。

 

また、洗浄成分のメインは「良質なアミノ酸成分」なので、必要な分の皮脂を肌に留めたまま、デリケートゾーンを中心としたケアをする事が可能です。

 

 

「皮脂は残さないべきなのでは?」という疑問を抱く方もいるかもしれませんが、皮脂はある程度残しておかないと、デリケートゾーンの肌が傷付いたり乾いたりしやすくなって、余計に臭いがきつくなってしまう恐れがあります。

 

ちなみに、常駐菌(肌にいつも住んでいる菌)にも同様の事が言えまして、常駐菌についてもある程度残しておく必要があります。

 

 

また、イビサソープは水と空気が綺麗な三重にて、厳格な衛生管理の下で作られているので、安全度が高いです。ですから、肌をはじめとして身体にダメージを与える事もなければ、その他のトラブルを発生させる事もまずあり得ません。

 

利便性も高いです

イビサソープの使い方ですが、まず2〜3プッシュ程度手のひらに取ります。そして、デリケートゾーンに塗ったら180秒待機します。180秒経過したら、お湯で洗い落とすだけで終了です。

 

 

初めから泡の状態になっているので、利便性が高いと思います。また、デリケートゾーン用の商品として売り出されてはいますが、それだけでなく身体中の臭いケアが可能ですから、やはり便利です。

 

そして、イビサソープはデリケートゾーン用のものとは分からないパッケージデザインになっているので、家族などにばれる事もまずありません。

 

イビサソープの成分

W薬用成分でしっかり滅菌

イビサソープの主役はイソプロピルメチルフェノールとグリチルリチン酸ジカリウム。通称「W薬用成分」です。

 

 

まず、前者に滅菌、防菌、防カビ力があるので、ニオイ等の肌トラブルの元凶となる、菌やカビをケアしてくれます。そして、それによって綺麗になった皮膚についての、荒れや炎症のケアを、後者がさらにしっかり行ってくれます。

 

イソプロピルメチルフェノールは、厚労省に「医薬部外成分」として認められています。認められている効果は「肌の滅菌・清浄」です。

 

イビサソープ自体も医薬部外品として認められています。イビサソープに認められている力は「肌の滅菌・清浄、ニキビ防止、体の臭い防止」です。

 

5つのビタミンを配合

5つのビタミン成分が配合されています。

 

・リン酸L-アスコルビルマグネシウム
・テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル
・L-アスコルビン酸2-グルコシド

 

この3つは「ビタミンC誘導体(ビタミンCの肌への浸透性をより高めたもの)」です。3つのビタミンC誘導体が、保湿、コラーゲン生成のサポート、美白などを進めてくれます。

 

・ビタミンAオイル
保湿力、代謝促進力などがあります。

 

・自然のビタミンE
保水・保湿力、エイジングケア力、抗菌力などがあります。

 

6つのジャムウ(天然成分)を配合

6つのジャムウ成分を配合しています。

 

・ハチミツ
保湿力、美肌力が望めます。

 

・オウバク抽出液
エイジングケア力、清浄力、滅菌力があります。

 

・セイヨウハッカ抽出液(葉)
滅菌力、鎮静力、整肌力があります。

 

・オトギリソウ抽出液
保湿力、整肌力があります。

 

・茶抽出液
滅菌力、臭いケア力があります。

 

・オウレン抽出液
肌荒れケア力、滅菌力、炎症ケア力があります。

これらは天然成分である分、デリケートゾーンへの刺激がほぼゼロであるという利点があります。

 

 

添加物除外で安心

界面活性剤、合成香料、パラベン、鉱物オイル、着色料を使っていない商品です。ですから、名前の通りデリケートなデリケートゾーンにも気兼ねなく使用できます。ちなみに、イビサソープは乳児の皮膚にも用いる事が可能です。

 

 

また、洗浄成分のメインは「アミノ酸系の成分」なので、肌質に不安がある人でも、気兼ねなくデリケートゾーン等の臭いをケアする事が叶います。

イビサソープの口コミ

 

職種的に暑い時期でもストッキングが欠かせません。そのせいもあって、デリケートゾーン等の汗が誘因の臭いやジメジメ感で苦しんでいました。

 

最も苦しかったのは、商談ルームに入室したり、人が多いエレベーターに入ったりする事でした。そのたびに「デリケートゾーンに臭いが伝わったらどうしよう」と思っていました。

 

そして「イビサソープでデリケートゾーンの臭いをケアしよう!」と決意したのです。

 

すると、あれだけ私を苦しませていたデリケートゾーンの臭いが、ほぼ感じなくなるくらいにケアできました。


 

何があったわけでもなく勢いでいきなり、カレと初めてゴニョゴニョする事になったので、お風呂などでデリケートゾーン等の臭いをケアする事が叶わなかったんです。

 

そして、デリケートゾーンに彼の鼻や口が近づいたかと思ったら即座に離れたので、それから少しどんよりしたムードになってしまったんです。

 

それからは、毎朝・毎晩お風呂に入った時ににイビサソープを用いるようにしました。デリケートゾーンの臭いは、どんなタイミングであっても、確実にケアされている必要があると痛感したんです。

 

最近は、カレがデリケートゾーンに集中したきり、なかなか帰ってこなくなったので、ケアが順調なんでしょうね。ただ、ちょっとキスが少なすぎじゃない!?笑


 

ボディーは通常のボディーソープで、デリケートゾーンは固形のデリケートゾーン用のソープで洗浄するのが、私のボディーケアでした。

 

でも、固形のデリケートゾーン用のソープは泡立てが意外としんどかったんです。ですが、イビサソープは最初から泡で出てきてくれるんです。

 

ですから、適量を手に取って塗れば、そのままデリケートゾーンのケアを行う事ができるんです。利便性の高さはもちろんありますが、効き目自体もバッチリだと感じています。

 

以前は、生理期間とその前後は、かなりデリケートゾーン等の臭いで悩んでいたんですが、それも大幅にケアできています。同じようなトラブルなら、だいだいケアできるのではないでしょうか。